不動産投資のベストタイミングとは?

信用について考えてみる

金融機関の信用を得るには

当たり前のことではありますが、借りたものを決められたときまでに返さないと、貸してくれた人の信頼を裏切ってしまうことになりますよね。
それが原因で、もうものを貸してもらえない、というようなことになってしまう方もいます。

これは、ローンの返済においても同じことです。
金融機関にとっても、貸したお金をきちんと返してくれない人に対して融資を与えることはできません。

早めの不動産投資を行い運用して、3~4年で融資の返済を行うことができれば、それだけ早い返済実績を得られることになります。
金融機関側としても、しっかりと返済してくれるだけでなく、早く返してくれるのであれば一層こちらに対して融資をしようと考えるのです。
つまり、運用していく上で重要な信頼関係の構築に繋がるということなのです。

若いからこそできる戦略!

経験を積んでから不動産運用をしようとすると、どうしてもまとまった資金をある程度貯蓄しておかなければなりません。
さらに、万一利益が出なかった場合、仕事を辞めてしまっていては今までの貯金を使わざる負えなくなり、結果苦しい状況になっていまうこともあります。
しかし逆に考えれば、若いうちに投資を始めれば、思ったような利益が出なくとも本業としている仕事を頑張ることでカバーできますよね。

若いといってももちろん、ある程度の勤続年数や年収、キャリアを積み重ねて、社会人としての経験や実績を得ることが必要です。
それはそのまま、金融機関の信用につながるからです。
返済能力と、社会的信用をある程度得たくらいに、始めてみると良いかもしれません。


シェア
TOPへ戻る