不動産投資はいつから始めるのがベター?

不動産投資のベストタイミングとは?

気になる収入と返済で考えよう

皆さんは、不動産投資をご存知でしょうか。
その名の通り、利益を得るために不動産に投資をすることです。
その利益の得る方法としては、アパートやマンションを購入して、そこに住む人を募集し、その人たちからの家賃を収入とするものと、購入した物件の値段が上がったときに売却し、その差額を利益とする方法があります。
一般的なのはより確実に利益を得られると考えられているため、前者の家賃収入の方が主流です。
地方よりも、人の流入も多くより発展の見込める東京都の物件に投資する方が多いです。

不動産投資には新築・中古マンションや戸建て、アパートなど、様々な種類があります。
マンションへの投資というと、一棟に投資するというイメージをお持ちかと思いますが、一室でも立派な不動産投資なのです。
戸建てやアパートの場合はある程度不動産投資に関する知識と、初期投資に少し多くのお金がかかるという点に気を付けなくてはなりません。

では、こういった不動産投資は、いつ始めるのが良いのでしょうか?
興味はあっても、なんとなく始めるタイミングが掴めていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、不動産投資を始めるなら早めがベストです。
その理由は、簡単に言えば運用期間を長くできるためよりリスクの低い戦略を練ることができる上、ローンの返済も早く済むからです。

このサイトでは、不動産投資を始めるタイミングが早い方が良い理由を、収入と返済、信用の観点から見ていきます。
また、不動産投資を始める上で注意しておきたいリスクについてもご紹介します。

初めての不動産投資、いつ始める?

不動産投資をする上で気になるのはもちろん収入のこと。 いくら稼げるか、始めるタイミングで変わるのかどうかということは知っておきたいですよね。 また、返済に関しても気を付けておきたいところ。 このページで、その両面から始める時期について考察していきます。

信用について考えてみる

不動産投資において結びつきの強い金融機関との信頼関係は非常に重要です。 金融機関からの融資を得られるかどうかが、不動産投資をする際のカギとなることは言うまでもありません。 その信用という観点からも、不動産投資を早めに始めるべき理由があります。 このページでは、信用に関するお話をしていきたいと思います。

不動産投資のリスクについても知っておこう

不動産投資は、その特性上様々なリスクもあります。 リスクを鑑みずに運用していくのは危険です。 多少のリスクは誰にでも起こりうることですが、それにどのように対処していくかが重要です。 このページで、そういったリスクについて知り、対策を考えてみましょう。

TOPへ戻る